中学生のための社会科講座

高校入試対策や中学校の定期試験対策をしながら、社会で起こる様々な問題をいっしょに考えましょう。また、もう一度学びなおしたい高校生、大学生または社会人の方にも楽しんでいただける内容です。

 今日は「試験範囲を知る」ことについて考えてみましょう。

 試験範囲を知るとは、
  1. 試験科目は何か?
  2. 試験科目の内容はどのような分野から成り立っているのか(目次を大切にする)?
  3. よく出る分野(ひっかけポイント)はどこか?
  4. 配点はどのようになっているのか?
などを、教科書または問題集(過去問)から探っていきます。

 これはみなさんが思っている以上に難しい作業です。

 例えば、定期試験で考えてみましょう。定期試験ではテスト範囲表を渡されると思います。テスト範囲を知るという言葉を聞くと、「この表に書かれているものがテスト範囲だ!」と理解する人が圧倒的に多いのですが、それだけではテスト範囲を把握しているとは言えません(入試に至っては「全範囲じゃないか」の一言で片づける人すらいますね)。

 テスト範囲表の項目を見ただけで、この単元の基礎知識はこういうもので、ひっかけポイントはここで、自分の弱点はここで…ということを言える状態にすることが「試験範囲を正確に知ること」だという認識でいるようにしてください。

 定期試験についての話をしますと、定期試験は2週間ぐらい前にようやく試験範囲が発表されることが多いと思います。しかし、試験範囲の発表の前段階でも、「およそ」の単元は分かるはずです。自分が予想する「およその単元」を根拠に、2週間前の時点で基礎知識と自分の弱点ぐらいは“ある程度”言えるようになっていなければなりません。

 高校入試に関しては、1・2年生の範囲については、3年の1学期中に全範囲を1回転、夏休み前に全範囲を最低1回転、2学期中に全範囲を最低2回転、冬休みに最低1回転ぐらいを見直せるのが理想です。そして、遅くとも3年生の冬休み中には3年間全範囲を終わらせるのが理想です。

 したがって、3年生の冬休みには高校入試の全部の「テスト範囲」が言えるようにしておきます。冬休み明け以降(早ければ3年生2学期からあるいは冬休み中から)は本番通りに時間を図りながら、複数年度の過去問を研究するのが理想でしょう。

 このように見ると、「試験範囲を正確に知る」とは思った以上に難しいといえるでしょう。いや、試験範囲を正確に知ることこそが試験勉強なのです。

------
<確認問題>
筆者は、「試験範囲を知ること」をどのように考えているか?本文を参考にし、自分の言葉でまとめなさい。


 

<問>
あなたは試験勉強をどのようなことに注意しておこなっていますか?







<問>
試験とは何か?を自分なりに考えてみなさい。







みんなが高校に行くからという理由で高校進学を決めてはいけません。進学する熱意を持て!

  前にこんな記事を書いたことがあります。

 要点を抜き出すと、中学校までは黙っていても地元の中学校に通うことができましたが、今後はそういうわけにもいきません。今までのボクの教え子たちには当然のように伝えてきましたが、当たり前に「高校へ行こう」という気は起こさないでください。自分がやりたいと考えたことが高校進学だと決断し、しかるべき試験に合格できた人だけが高校に行けるのだということを忘れないでください。

 親が子どもを学校に通わせなければいけないのは中学校まで(義務教育だから)。中学校を卒業してからは義務教育ではありません。それにもかかわらず、多くの皆さんは親に学費を出してもらって高校に行きます。もう中学生なのだから、親の貴重なおカネと時間を使わせてもらって学校に通えることについて尊敬の気持ちを持ってほしいものです。

「どうか行かせてください。」

そういう親孝行の気持ちが大切なのです。そうすると、キミたちのために親も気合いを入れて頑張ってくれます。ボクの経験則ですが、親子仲の悪い中学生の成績はあまりよくない傾向にあると思います。お互いを尊敬しあって、受験を乗り越えていきましょう。

目指したいもの(職業・理想とする大人像)を持つこと。また、高校で何をやりたいのか?高校を卒業して何をやりたいのか?を明確にしよう。

 苦しい受験勉強から救ってくれるものは最後は自分自身です。周りの大人や先生が苦しい受験勉強から救ってくれるわけではありません。周りができるのはあくまでもアドバイスだけ!結局最後は自分次第ということになります。

 しかし、目指したいものがあると、受験勉強に「やる気」と「元気」と「根気」を与えてくれるものです。最後の最後に、「絶対にあきらめてたまるか!!いつかこうなってやる!!」というハングリー精神を持っていると、踏ん張りが利きます。

 試験が近くなるにつれて精神的に追い詰められるのが普通です。試験が近くなる前に目指すべき姿を明確にし、ぶっちぎって合格を勝ち取りましょう。 

↑このページのトップヘ