今週も、「ユメブン0 中学総復習~高校入門レベル」を使って、高校入試対策の文法事項の復習を始めましょう。


 6周目に入りましたが、学習は順調に進んでいますか?学習はとにかく継続が大切ですから頑張ってやりましょう。


 今日の単元は「疑問詞」です。
  • when
  • where
  • why
  • how
  • who
  • whose
  • what
  • which
という疑問詞がそれぞれどのような意味を持つのかは即答できるようにしてください。その上で、このユニットでは次のような内容をマスターするようにしてください。

  1. 疑問詞を使った疑問文の作り方
  2. 疑問詞を使った疑問文はどのように発せられるのか?(発音と聞き取りで注意)
  3. 答え方
 空所補充の問題はもちろん、長文読解で解答をする場合に、どのようなことを答えればよいのかをきちんと身につけておかないと、考えなくてもよいことを考えてしまったりすることがあります。「ユメブン0 中学総復習~高校入門レベル」を使ってきちんと文法事項に慣れていくようにしましょう。

 それではいつものようにステップを踏んで「ユメブン0 中学総復習~高校入門レベル」に取り組んでください。
 
 
暗唱例文の攻略ドリル(演習)
STEP1発音確認&音読暗唱例文の理解
STEP2本を見ながらシャドーイング
(CDを聴きながら、それを追いかけるように音読する)
練習問題
STEP3本を見ながらオーバーラッピング
(CDの音声を聴き、タイミングも発音も完璧に一致させるつもりで音読)
練習問題
STEP4本を見ないでシャドーイング
(本を見ずにCDを聴き、数語遅れて同じように発音してみる)
部分英作文
STEP5リード&ルックアップ
(CDを使わず、例文を読んで覚え、顔を上げて英語を口に出す)
リスニング
STEP6バック・トランスレーション
(CDを使わず、日本語訳を見ながら英文を再現する)
英作文
STEP7CDを使って暗唱チェックファイナルテスト
特徴■暗唱例文でエッセンスを体に残す
運用レベルまで身に付けたい文法事項を暗唱例文に凝縮。付属CDを活用し、シャドーイング、オーバーラッピング、リード&ルックアップ、バック・トランスレーションなど、バリエーション豊かなタスクを通して暗唱するまで反復していきます。

 
■多技能ドリルで「使える」を目指す
暗唱例文に詰め込まれた文法事項をさまざまなタイプのドリルで演習。穴埋め、単語選択などの単純なドリルから始まり、部分英作文、リスニング、英作文など負荷の高いドリルをこなすことで、どんな場面で出会ってもすぐに理解でき、また発信の際の「引き出し」となるような文法力を身に付けます。





 ■ 正誤表
 [URL] http://www.alc.co.jp/usersupport/7011087.html