<問>
あなたは試験勉強をどのようなことに注意しておこなっていますか?








 今日は「試験」とは何かについては考えましたから、それを踏まえて「試験勉強」について考えてみましょう。


 試験勉強について知っておかなければならない考え方、それは「逆算の発想で考える」ことです。

 reversion
 上のグラフを見てみましょう。現在と試験日という「時間」について逆算で考えるという視点と、合格に必要な知識水準と現時点で自分が持っている知識量という「必要となる知識と現時点の知識の差」の視点の2つを持つ必要があります。


試験当日まであと何日あるのか?(時間)
 カレンダーなどに、今日が試験当日まで何日あるかを記入しておくこと。前回の「試験について考える」でも書いた通りです。 

合格に必要な水準と今の自分の能力はどの程度差があるのか?を把握すること(水準)
  1. 授業や教科書、参考書等を活用して、合格に必要な知識が何かを把握すること
  2. 授業の復習や問題演習を通して知識を身につけ、間違えたところを振り返ること
 学校や塾のカリキュラムにそって学習を続ければ、確かに知識を身につけることはできますが、それでは時間がかかりすぎます。ボクは意味は分からなくてもよいので、目次を活用して大項目ぐらいは教科書をもらった段階で頭に入れるべきだと思います。そうすればおおよその範囲は分かりますから、そこから少しずつ細かい点を学んでいきましょう。学びは積極的な姿勢で行うのが一番です。

 このように、現時点との差を埋めるのが試験勉強の基本です。そのためには試験日における合格にどのような知識を身につけなければならないのかをなるべく早く知って、ゴールから現時点を見てどのような勉強をすべきなのかを知りましょう、ということです。但し、時間面ならばカレンダーと情報があればだれでもできますが、合格の水準を知ることはなかなか難しいでしょう。ですから、まずはこういう視点をもって、試験を知り尽くした人(先生)の話を聞くのがよいと思います。


 次回は、合格に必要な水準と今の自分の能力はどの程度差があるのか?についてもう少し具体的に考えてみましょう。