今日は歴史の全体構造について学習しましょう。

 中学校の教科書は、日本の歴史だけではなく世界の歴史のお話もあって、1から自分で勉強しようと思うとなかなか複雑です。そこで、まずは日本の歴史にしぼって、大ざっぱなところから少しずつ細かいところを勉強するイメージを持ちましょう。

eyes

 歴史の勉強で大切にしてほしいことを絵にすると、上のようなイメージです。こんなイメージを持って学習するようにしましょう。少しだけ解説しますと、いきなり細かい知識を拾っていってもすぐに忘れてしまいますから、あずはザックリと歴史の流れを眺めてしまいます。そこで時代の流れをざっくり押さえましょう。その後で少しずつ細かい知識を手に入れていく視点を持つようにします。面倒な気がするかもしれませんが、これが試験にもよく出てなおかつ苦手とする人が多い「歴史のできごと並び替え問題」を解くための手助けにもなります。


 それでは、まずは時代の流れを押さえていきます。


 
 まずは下の年表を見てみましょう。

era

 最終的にはもっと細かいところを押さえていかなければなりませんが、最初は黒い字のところを順番通りに覚えてしまいます。そして何も見ずに言えるようになったら、青い字で書かれている時代名を順番通り覚えます。歴史が得意な人で時代名を順番通りに言えないという人はまずいないと言ってよいでしょう。

 日本国内を天皇を中心として大和朝廷が政治の実権を握ったのが、古墳時代→飛鳥時代→奈良時代→平安時代です。

 しかし、もともとは皇族や貴族を守っていた武士たちが政治の実権を握り始めたのが平安時代の末期で、ここから、源頼朝によって鎌倉に政治の中心が移って鎌倉幕府が開かれた鎌倉時代→足利尊氏が京都に幕府を開いた室町時代→織田信長や豊臣秀吉といった戦国大名が乱世を統一した安土桃山時代→徳川家康によって江戸に政治の中心が置かれた江戸時代と歴史の流れは移り変わっていきます。

 そしてアメリカやイギリスといった西洋の国々が日本に来て、工業化が行われて発展していった明治時代→大正時代→昭和時代→平成時代と時代は移り変わっていきます。

 わざと黒い文字を時系列に書いたのは、やっぱりまずは大ざっぱに時代をとらえてほしかったからです。青い字をいきなり覚え始めると、歴史が苦手な人にとっては苦痛にしかなりませんから、3つぐらいに分けて覚えてもらった方がよいかなと思い、黒い字をボクが入れてみました。

 上のような覚え方をしてもらっても構いませんが、替え歌にしても覚えてもらっても構いません。

 

 いずれにせよ、ここについては覚えてもらわないと、歴史の勉強は始まらないと思ってください。思い出すことなく、瞬時に順番が出るまで練習してください。