地理の勉強の手始めとして、やっぱり基本的な地名の丸暗記というのは避けて通れません。こればかりは根性で覚えるしかありません。

 
 まずは、「都道府県」、「県庁所在地」及び「場所」の3点セットを覚えます。必ず3点セットです。これを即答できなければなりません。 

 一応解説をしますが、「県庁所在地」とは、県の行政機関の本庁舎が置かれている都市のことを言います。つまり、その都道府県の政治の中心の市と言って差し支えありません。日本国内の全地名を覚えても悪くはありませんが、第一試験にはそこまで出ませんし、99.9%不可能です。ブログマスターであるボクも覚えていません。ですから、まずは県庁所在地を覚えるようにしましょう。


 さて、下に地図を示すので、即答できるまで自分でテストを課してマスターしてください。もちろん漢字で書けなければなりません。それではできるまで何度もチャレンジして自分のものにしてください。



kyushu_todouhuken
 


(答え)
①長崎県 長崎市
②佐賀県 佐賀市
③福岡県 福岡市
④大分県 大分市
⑤熊本県 熊本市
⑥宮崎県 宮崎市
⑦鹿児島県 鹿児島市
⑧沖縄県 那覇市 


<ポイント解説>
 県庁所在地を覚えるポイントは、やはり都道府県名と県庁所在地名が異なる都道府県を意識的に覚えることです。それ以外は全部同じと要領よく覚えることがコツです。何でも根性で同じ力で全力でやるのは効率がよくありません。

 ポイントはやっぱり沖縄県ですね。那覇市です。

 九州地方に限って言えば、よく間違えるのは「博多市」と間違えるケースです。新幹線の駅名にもなっていますから、思わず博多市と答えたくなる人もいるかと思いますが、博多(はかた)は福岡市の中にあって、住所は「福岡市博多区」です。明治時代に「福岡市」とするか「博多市」とするかで大論争になった歴史もあって、そのあたりは「福岡」と「博多」の歴史なんかもいっしょにネットや本で調べてみると面白いと思いますよ。あまりここで言い過ぎしてしまうと、間違えて覚えてしまう人もいるのでこれ以上は止めておきますが、福岡県の県庁所在地は正しくは「福岡市」。これを覚えておきましょう。