地理の勉強の手始めとして、やっぱり基本的な地名の丸暗記というのは避けて通れません。こればかりは根性で覚えるしかありません。

 
 まずは、「都道府県」、「県庁所在地」及び「場所」の3点セットを覚えます。必ず3点セットです。これを即答できなければなりません。

 一応解説をしますが、「県庁所在地」とは、県の行政機関の本庁舎が置かれている都市のことを言います。つまり、その都道府県の政治の中心の市と言って差し支えありません。日本国内の全地名を覚えても悪くはありませんが、第一試験にはそこまで出ませんし、99.9%不可能です。ブログマスターであるボクも覚えていません。ですから、まずは県庁所在地を覚えるようにしましょう。


 さて、下に地図を示すので、即答できるまで自分でテストを課してマスターしてください。もちろん漢字で書けなければなりません。それではできるまで何度もチャレンジして自分のものにしてください。


kansai_todouhuken







<答え>
① 兵庫県 神戸市
② 大阪府 大阪市
③ 京都府 京都市
④ 奈良県 奈良市
⑤ 滋賀県 大津市
⑥ 三重県 津市
⑦ 和歌山県 和歌山市


<解説>
  県庁所在地を覚えるポイントは、やはり都道府県名と県庁所在地名が異なる都道府県を意識的に覚えることです。それ以外は全部同じと要領よく覚えることがコツです。何でも根性で同じ力で全力でやるのは効率がよくありません。

 今日は近畿地方でしたがいかがでしょうか?なぜか三重県が近畿地方に入っていますが、それはともかく、やはりセオリーどおり都道府県名と県庁所在地名が異なる部分を中心に覚えましょう。

 強いて言うと、漢字が難しいのが滋賀県ぐらいでしょうか?


滋賀県


 ちゃんと書けるようにしておきましょう。


 全国的にも知名度が高い地名が多くて混同しやすい名前もないので、覚えやすいかもしれません。

 都道府県名はじゃんじゃん覚えていきましょう。