地理の勉強の手始めとして、やっぱり基本的な地名の丸暗記というのは避けて通れません。こればかりは根性で覚えるしかありません。

 
 まずは、「都道府県」、「県庁所在地」及び「場所」の3点セットを覚えます。必ず3点セットです。これを即答できなければなりません。

 一応解説をしますが、「県庁所在地」とは、県の行政機関の本庁舎が置かれている都市のことを言います。つまり、その都道府県の政治の中心の市と言って差し支えありません。日本国内の全地名を覚えても悪くはありませんが、第一試験にはそこまで出ませんし、99.9%不可能です。ブログマスターであるボクも覚えていません。ですから、まずは県庁所在地を覚えるようにしましょう。


 さて、下に地図を示すので、即答できるまで自分でテストを課してマスターしてください。もちろん漢字で書けなければなりません。それではできるまで何度もチャレンジして自分のものにしてください。

kantou_todouhuken






<解答>
① 神奈川県 横浜市
② 東京都 新宿区(または東京)
③ 埼玉県 さいたま市
④ 群馬県 前橋市
⑤ 栃木県 宇都宮市
⑥ 茨城県 水戸市
⑦ 千葉県 千葉市



 <解説>
 県庁所在地を覚えるポイントは、やはり都道府県名と県庁所在地名が異なる都道府県を意識的に覚えることです。それ以外は全部同じと要領よく覚えることがコツです。何でも根性で同じ力で全力でやるのは効率がよくありません。


 関東地方は、都道府県名と県庁所在地名が異なるところが多いので、関東地方に住んでいない人ですと覚えるのが大変だという人もいらっしゃると思います。それは仕方ありませんから、努力で乗り切るしかありません。


 まずは「茨城県」の読み方について言っておかなければなりません。大人でもよく間違えますが、「いばらき」が正しい読み方です。間違えて覚えている人がいたら必ず直してください。人名や地名は漢字の読み書きがとても難しいものが多いのですが、一方で決して間違えてはならないものでもあります。人や地域を傷つけたり場合によってはバカにしているように感じる人もいらっしゃいます。人としてやってはいけないことです。ですから正確な読み方をきちんと覚えるようにしてください。ちなみに、よく分からないなぁと思ったら即座に人に聞くことです。これが世渡りのコツですよ。

 もう1つ、今度は表記の問題として、埼玉県の県庁所在地名が「さいたま市」とひらがなになっていますが、これは間違いではありません。昔は「浦和市」が県庁所在地名だったのですが、浦和市、大宮市及び与野市が合併して「さいたま市」になりましたので、今は「さいたま市」です。ボクが以前電車に乗っていた時に、酔っ払いのおじさま2人が県庁所在地のクイズの出し合いをなぜかやっていたようで、その時に「浦和市」なのか「さいたま市」なのかでおじさま2人がケンカしてました(苦笑)。ネットで検索して「さいたま市」だと分かった時は「うっそ~」と浦和市と答えたおじさまが車内に響く声で驚いていました。こういうことがないようにしましょう。


 次に場所について。
  1. 神奈川県と東京都と埼玉県の区別がつかない。
  2. 群馬県と栃木県の区別がつかない。
 こんな人が多いです。首都圏に住んでいる人には信じられないかもしれませんが、結構分からないものです。

kantou_todouhuken

 ここは神奈川県と言えば、横浜市。横浜市といえば港のイメージ!だから海に近い①かなぁという感覚。その上が東京都。東京都だって「お台場」のイメージがあるから海がある感じですが、「東京」の文字に海をイメージさせる文字がないから、東京都は②。埼玉県は海がない県だと連想しておけば、③が埼玉県になります。


 次に群馬県と栃木県の区別ですが、これはちょっと力技。どうしても分からない人は、④が群馬県なのですが、埼玉県との県境が「く」の字になっていますね。だから④が群馬県!そうではない方の⑤が栃木県。このように覚えてはいかがでしょうか。

 あとは群馬県の漢字を間違えないようにしましょう。


群馬県


 「郡」と書いて間違える人が多いです。気を付けましょう。

 千葉県は分かりやすいと思いますので省略。
  

  とにかく力技でも何でもここは理屈ではありませんから、やっぱり何度も繰り返して書いて覚えましょう。都道府県名や県庁所在地名は試験では漢字で書くべきところは漢字で正確に書かされますよ。頑張りましょう。