今日から「国会」についての勉強をしましょう。


<問い>
  1. 国会の地位について定めた、憲法41条をそのまま言いなさい。










 
<答え>
第四十一条
 国会は、国権の最高機関であつて、国の唯一の立法機関である。 


<解説> 
 「国会」「内閣」及び「裁判所」の条文や制度を勉強する場合には、必ず「三権分立」の図を頭に置きながら勉強するようにしてください。

三権分立のしくみ

 どこの何の話をしているのかを全体像を見ながら勉強してください。これは「国会」「内閣」及び「裁判所」を勉強するときの地図のようなものだと思ってください。もし、三権分立が分からないという人は、以下のシリーズを必ず見てから解説を見るようにしてください。

 それでは、簡単に意味を解説します。

 「国権の最高機関」というのは、国会のメンバーである国会議員は国民から直接選ばれていて、国の政治の中心的な立場にあるということを強調していることを意味します。言葉どおり「最高機関」だとしたら、「内閣」や「裁判所」は立場が下なのかという話になってしまいますから、三権分立制度を導入している我が国の憲法の解釈としてはふさわしくないのかなといった感じになります。分からなければスルーでOKです。


 「国の唯一の立法機関」というのは、「立法」つまり「「法律を作る」権限は国会ただ1つだけが持っていますよ」ということです。例外もありますが、中学生のみなさんにとっては細かすぎるので、例外については解説しません。
 

 それから国会の地位については、憲法前文に書いてあることも忘れてはなりません。憲法前文の冒頭です。 
日本国民は、正当に選挙された国会における代表者を通じて行動し...
 国会は国民の代表機関でもありますね。なお、憲法前文については、憲法条文シリーズで大変くわしい解説をしておりますので、こちらをご覧ください。


 つまり、国会の地位というのは、
  1. 国権の最高機関(憲法41条)
  2. 国の唯一の立法機関(憲法41条)
  3. 国民の代表機関(憲法前文)
という3つの要素があるのだという点を押さえておくとよいでしょう。