<問い>
第九十六条
  1. この憲法の改正は、各議院の( )( )以上の賛成で、国会が、これを発議し、国民に提案してその承認を経なければならない。この承認には、特別の国民投票又は国会の定める選挙の際行はれる投票において、その( )の賛成を必要とする。
  2. 憲法改正について前項の承認を経たときは、( )は、国民の名で、この憲法と一体を成すものとして、直ちにこれを公布する。
第九十八条
  1. この憲法は、国の( )であつて、その条規に反する法律、命令、詔勅及び国務に関するその他の行為の全部又は一部は、その効力を有しない。
  2. 日本国が締結した条約及び確立された国際法規は、これを誠実に遵守することを必要とする。







 
<解答>
第九十六条
  1. この憲法の改正は、各議院の総議員三分の二以上の賛成で、国会が、これを発議し、国民に提案してその承認を経なければならない。この承認には、特別の国民投票又は国会の定める選挙の際行はれる投票において、その過半数の賛成を必要とする。
  2. 憲法改正について前項の承認を経たときは、天皇は、国民の名で、この憲法と一体を成すものとして、直ちにこれを公布する。
第九十八条
  1. この憲法は、国の最高法規であつて、その条規に反する法律、命令、詔勅及び国務に関するその他の行為の全部又は一部は、その効力を有しない。
  2. 日本国が締結した条約及び確立された国際法規は、これを誠実に遵守することを必要とする。

<解説>
 今日は憲法改正の条文です。試験的にも学問的にも重要な条文です。

 試験的には、憲法を改正するには法律を改正するとき以上に重い要件が課せられているという点に注意が必要です。条文シリーズでもお話していますが、国会の表決数はきちんと言えるようにしましょう。

国会の表決数の横断整理

 上の表を見ても、憲法改正は国会で表決する中で一番重いですね。対して、法律の改正は一番上の原則のとおりです。但し、衆議院と参議院が異なる場合は要件が重くなりますね。

 しかも国会で一番重い条件での表決数で賛成をもらうだけでは憲法改正はできず、さらに国民投票で過半数を取らないと憲法改正ができません。ただし、この条文シリーズをここまで勉強してこられたみなさんであれば、条文の言葉に敏感になっていると思いますから分かってもらえるかと思いますが、96条1項の条文に何か違和感がありませんか?
この承認には、特別の国民投票又は国会の定める選挙の際行はれる投票において、その過半数の賛成を必要とする。
 何の過半数なのかが憲法の条文には書かれていません。「国民投票で過半数の賛成を必要とする」としか書いてありません。全国民の数の過半数なのか有権者(選挙権のある人)の数の過半数なのか投票者数の過半数なのかが明らかではありませんね。これをくわしく定めた法律が「憲法改正手続法 (日本国憲法の改正手続に関する法律)」という法律です。この法律の名前は覚えなくてもよいですよ。ただ、内容は知っておきましょう。
憲法改正国民投票法
第百二十六条
 国民投票において、憲法改正案に対する賛成の投票の数が第九十八条第二項に規定する投票総数の二分の一を超えた場合は、当該憲法改正について日本国憲法第九十六条第一項 の国民の承認があったものとする。
 「投票総数の2分の1を超えるとき」と書いてありますね。投票総数というのは、賛成票と反対票の合計数のことを言います。そして、だれが投票できるかと言うと、18歳以上の男女です。平成27年に公職選挙法が改正されて、衆議院議員選挙、参議院議員選挙、市町村及び都道府県議会議員選挙、市町村長及び都道府県知事選挙の選挙権も18歳以上の男女になりましたが、憲法改正国民投票法はこれよりも前に18歳以上の男女でした。時事問題対策でお話をすると、憲法改正の国民投票が18歳以上の男女なのだから普通の選挙も18歳以上の男女でいいのではないかということから、公職選挙法が改正されたことを押さえておきましょう。


 国民投票で投票総数の過半数を取ると、内閣総理大臣は憲法改正の公布の準備をし、最終的には天皇が国民の名において公布されます。


 ところで、なぜ憲法改正は普通の法律よりも重い要件が課せられているのでしょうか。

 その根拠の出発点となるのが憲法98条です。
第九十八条
  1. この憲法は、国の最高法規であつて、その条規に反する法律、命令、詔勅及び国務に関するその他の行為の全部又は一部は、その効力を有しない。
  2. 日本国が締結した条約及び確立された国際法規は、これを誠実に遵守することを必要とする。
 憲法98条1項で、国の最高法規(さいこうほうき)だと言っています。要するに、法律の親分です。憲法は人権を保障するために作られた法典だと言われています。人権は、公共の福祉に反しない限り、侵すことはできません。そういう憲法を変えるのであれば、普通の法律よりも重い条件を課して、

「ホントに変えていいんだね?」

と国会だけでなく国民も巻き込んで憲法改正の議論をやっていきましょうというわけです。



 最後に、大まかな流れを絵を見て振り返りましょう。
憲法改正手続の大まかな流れ

 今回の押さえどころとしては、まずは憲法96条の穴埋め、特に数字のところはキレイに入れられるようにしましょう。そして何の過半数なのかを押さえればOKです。絵の中にある憲法改正原案を提出するのに必要な衆議院議員と参議院議員の人数は覚えなくてよいです。試験に出ません。


<過去問>
  • 高専平28-7-2・・・憲法改正の正しい要件を4つの選択肢から選ぶ問題。