<問い>
 憲法第1条の条文の穴埋めをしなさい。 
天皇は、日本国の(  )であり日本国民統合の(  )であつて、この地位は、(  )に基く。




 
<答え>
天皇は、日本国の象徴であり日本国民統合の象徴であつて、この地位は、主権の存する日本国民の総意に基く。

<解説>
 試験対策的には、「象徴」という言葉が出てくれば問題ありません。

 言葉が難しい部分は、やっぱり条文の後半の「主権の存する日本国民の総意に基く」という部分でしょうか。「主権」というのは、ここでは「国の政治のあり方を最終的に決定する」という意味です。つまり、国の政治のあり方を最終的に決定するのは日本国民で、天皇陛下はそういった日本国民の支持に基づいて存在されるということです。裏から言えば、天皇陛下が最終的に政治のあり方を決めるのではないですよ、ということを言います。

 もっとも、現実には国民を代表する国会議員の中から生まれた内閣総理大臣をリーダーとして国の政治が進んでいき、政治の失敗は内閣総理大臣がとっていますが、そのすべてのおおもとには国民がいるということは忘れてはいけませんね。