中学生のための社会科講座

高校入試対策や中学校の定期試験対策をしながら、社会で起こる様々な問題をいっしょに考えましょう。また、もう一度学びなおしたい高校生、大学生または社会人の方にも楽しんでいただける内容です。


カテゴリ:歴史★ > 旧石器・縄文・弥生・古墳時代★

 今日は旧石器時代について取り上げます。

era

 常に歴史の勉強をするときは全体の歴史の流れの中でその時代がどこに位置付けられているかを気にしながら学習しなければなりません。その点が期末試験の勉強とは大きく異なるところです。時代の名前を順番に言えるだけで点になる問題もありますから。


 さて、それでは一問一答を解いていきましょう。


<問題>
  1. 氷河時代において、日本列島に地続きであった大陸から大型動物がわたってきた。代表的な大型動物の種類を3つ答えなさい。
  2. ナウマン象の牙やオオツノジカの角が石器や骨角器、木器などともに発見された長野県にある湖の名前を答えなさい。
  3. 大型動物をしとめるために武器の先に付けるなどして使われた、石を打ち砕いて作られた石器のことを何というか。
  4. 前問の石器が使われた時代のことを、一般的に何というか。
  5. 日本において旧石器時代があったことが明らかになった群馬県にある遺跡の名前を答えなさい。
  6. 群馬県にある旧石器時代の遺跡を発見した考古学研究家の名前を答えなさい。
  7. 氷河時代が終わると陸続きだった大陸と日本列島はどのように変化したか。また、そのことを漢字四字で何というか。
  8. 氷河時代が終わると、日本列島に存在していた樹木の特徴としてどのような変化が見られたか。
  9. 氷河時代が終わると、日本列島に存在していた動物の特徴としてどのような変化が見られたか。
  10. 前問の変化後の動物名を具体的にあげてみなさい。


 今回は縄文時代についての勉強をしていきます。やっぱり最初は歴史の流れの確認です。

era

 旧石器時代は寒い時代でしたが、地球全体が温かくなり、大陸と日本列島は分離し、日本列島にいた大型動物は次第に中小動物へと変わっていきました。

 温暖になり、食べられる植物を育てるようになり、人間が使う道具も変化を見せるようになります。


 さて、ここから一問一答をやってみましょう。

<問題>
  1. 世界最古の土器と言われ、表面に縄目の文様が付いた土器の名前を答えなさい。
  2. 日本において前問の土器が使われていた約1万6000年前から紀元前4世紀頃までの約1万数千年の間を、一般的に何時代と呼ぶか答えなさい。
  3. 海岸や水辺に、貝殻(かいがら)などの食べ物の残りかすを捨てた場所を何と呼ぶか。
  4. 地面を掘って床を作り、柱を立てて草ぶきの屋根をかけた当時の住居は何と呼ばれているか。
  5. 今から約5500年前に青森県で定住集落(ていじゅうしゅうらく)の跡が見つかった。この遺跡を何というか。
  6. 表面を磨いて作られた石器を何というか。
  7. 土器や前問の石器を使い、農耕(のうこう)や牧畜(ぼくちく)が始まった時代のことを一般的に何時代と呼んでいるか。
  8. 紀元前500年頃(縄文時代後期)に現在日本最古の水稲耕作が行われていたことが分かる遺跡(いせき)が佐賀県で発見された。この遺跡の名前を答えなさい。


<問題>
  1. 水田稲作が始まると、人々が住んでいる場所に変化が見られた。簡単に説明しなさい。
  2. 稲穂のつみとりに用いられた用具の名前を答えなさい。
  3. 収穫された穂を乾燥させて納める倉庫は何と呼ばれているか。
  4. 茶褐色(ちゃかっしょく)でうすく、つぼ、かめあるいは食器など様々な用途に使われていた土器を何というか。
  5. 前問の土器が多く使われ、また青銅器(せいどうき)や鉄器(てっき)が大陸から伝わり日本列島に広く伝わった紀元前4世紀頃から紀元3世紀頃までの時代区分を何というか。
  6. 縄文時代晩期の水田や水路が発見され、水稲(すいとう)耕作の開始を決定づけることになった福岡県の遺跡は何かを答えなさい。
  7. 佐賀県で弥生時代のむらの跡である環濠(かんごう)集落が発見されたのは何という名前の遺跡かを答えなさい。なお、写真を教科書や社会科資料集などで各自で確認しなさい。
  8. 静岡県で発見された弥生時代の集落は何という名前の遺跡か。




↑このページのトップヘ