中学生のための社会科講座

高校入試対策や中学校の定期試験対策をしながら、社会で起こる様々な問題をいっしょに考えましょう。また、もう一度学びなおしたい高校生、大学生または社会人の方にも楽しんでいただける内容です。


カテゴリ: 塾だより

  1. 【全体構造編】 大まかな歴史の流れをつかもう 
  2. 歴史のできごとの並び替え問題をうまく解くコツは?高校入試対策歴史の勉強法と絡めて...(その1)  
  3. 地方公共団体における直接請求権の要件の覚え方  
  4. 【関東地方】 関東地方の都道府県、県庁所在地及び場所をセットで覚えよう!そして覚え方もちょっぴり解説! 
  5. 選挙の4原則とは何か?  
  6. 地方議会の議員と首長はどうやって選ばれるの?  
  7. 【中部地方】 中部地方の都道府県、県庁所在地及び場所をセットで覚えよう!そして覚え方もちょっぴり解説! 
  8. 【憲法条文シリーズ】 日本国憲法第76条3項他について - 裁判官の身分保障について  
  9. 日本国憲法の三権分立の意味内容を説明できるようにしよう! 
  10. 【憲法条文シリーズ】 憲法第26条について - 教育を受ける権利と教育を受けさせる義務 

 平成29年7月17日に公職選挙法が改正されました。

衆院選挙区の「一票の格差」を2倍未満に抑えるため、19都道府県の97選挙区で区割りを改定した改正公職選挙法が16日午前0時、周知期間の1カ月を経て施行される。これに伴い安倍晋三首相が衆院解散を判断する上での制約は事実上解消。今後公示される衆院総選挙は新しい区割りで実施される。

 青森、岩手、三重、奈良、熊本、鹿児島の6県で選挙区定数が各1減。比例代表の東北、北関東、近畿、九州の4ブロックの定数もそれぞれ1減され、戦後最少の計465議席となる。

 新しい区割りでは、2020年見込み人口での一票の最大格差が1・999倍に縮小する。総務省が発表した住民基本台帳人口(今年1月1日現在)による試算では最大格差が1・955倍で、改定前の昨年の2・148倍から大幅に是正された。

「産経新聞」平成29年7月17日

  これに伴って、少し早いですが、衆議院定数の記述を改めました。

  1. 歴史のできごとの並び替え問題をうまく解くコツは?高校入試対策歴史の勉強法と絡めて...(その1)
  2. 【全体構造編】 大まかな歴史の流れをつかもう
  3. 地方公共団体における直接請求権の要件の覚え方
  4. 【中部地方】 中部地方の都道府県、県庁所在地及び場所をセットで覚えよう!そして覚え方もちょっぴり解説!
  5. 【関東地方】 関東地方の都道府県、県庁所在地及び場所をセットで覚えよう!そして覚え方もちょっぴり解説!
  6. 選挙の4原則とは何か?
  7. 歴史のできごとの並び替え問題をうまく解くコツは?高校入試対策歴史の勉強法と絡めて...(その2)
  8. 日本国憲法の三権分立の意味内容を説明できるようにしよう!
  9. 【九州地方】 九州地方の都道府県、県庁所在地及び場所をセットで覚えよう!そして覚え方もちょっぴり解説!
  10. 【全体構造編】 飛鳥時代の全体構造を並び替え問題を解いて整理しよう

↑このページのトップヘ