中学生のための社会科講座

高校入試対策や中学校の定期試験対策をしながら、社会で起こる様々な問題をいっしょに考えましょう。また、もう一度学びなおしたい高校生、大学生または社会人の方にも楽しんでいただける内容です。


カテゴリ: 歴史★

<問題>
  1. 紀元前3000年頃に現在のエジプト周辺で起こった文明を何というか。
  2. エジプト文明が起こった周辺に流れていた大河の名前を答えなさい。 
  3. エジプトの王(ファラオ)の墓と言われる建造物を何というか。  
  4. 紀元前3000年頃にエジプトで使われていた文字の名前を答えなさい。 
  5. 紀元前3000年頃にエジプトで使われていた文字が書かれていた紙の名前を何というか。
  6. 紀元前3000年頃のエジプトで使われていた、太陽を基準にして1年を365日として12カ月に分ける暦の名前を答えなさい。
  7. ナイル川が氾濫した後に土地を再分配する必要性から生まれ、のちにピラミッドの建築などにも活かされた学問は何か。 
  8. ナイル川が運ぶ肥沃(ひよく)な土のおかげで、エジプトの壮大な文明・国家が築かれたという意味で、ギリシアの歴史家ヘロドトスが言ったとされる言葉を答えなさい。  
  9. エジプトとメソポタミアを含む地域を合わせて、ヨーロッパ人から見て太陽の登る地という意味の言葉で何と呼ぶかをカタカタで答えなさい。

 今日は鎌倉時代の全体構造です。

 でもその前にやっぱり大きな視点からもう一度鎌倉時代の位置を確認しますよ。

era
 
 鎌倉時代から江戸時代まで武士の時代に入ります。天皇が征夷大将軍という位を武士に与えて、天皇の代わりに政治を行った時代といってもいいでしょう(例外的な期間もあるが...)。

 鎌倉時代は解説でもきちんと見ていきますが、最初の方は征夷大将軍の地位にいた人が政治の実権を握っていましたが、後に執権という地位にいる人たちが政治の実権を握るようになります。


 それではまた問題を解いてみましょう。

<問題> 次にかかげる人物について、「古い→新しい」の順に並び替えなさい。

ア 後鳥羽上皇 イ 北条泰時 ウ 北条時宗 エ 源頼朝 


<問題>
  1. 紀元前2500年頃、現在のインド周辺で起こった文明を何というか。
  2. インダス文明が起こった周辺に流れていた大河の名前を答えなさい。 
  3. 「死の丘」を意味するインダス文明の都市遺跡の1つとして有名なのはどこか。 
  4. 紀元前1500年頃に中央アジアから現在のインドに侵入してきたアーリア人が確立したバラモン(祭司)を頂点とする身分制度を何というか。 
  5. インダス文明において使用されていた、いまだに解読されていない文字を何と呼んでいるか。 

↑このページのトップヘ