中学生のための社会科講座

高校入試対策や中学校の定期試験対策をしながら、社会で起こる様々な問題をいっしょに考えましょう。また、もう一度学びなおしたい高校生、大学生または社会人の方にも楽しんでいただける内容です。


カテゴリ:歴史★ > 鎌倉時代★

 今日は鎌倉時代の全体構造です。

 でもその前にやっぱり大きな視点からもう一度鎌倉時代の位置を確認しますよ。

era
 
 鎌倉時代から江戸時代まで武士の時代に入ります。天皇が征夷大将軍という位を武士に与えて、天皇の代わりに政治を行った時代といってもいいでしょう(例外的な期間もあるが...)。

 鎌倉時代は解説でもきちんと見ていきますが、最初の方は征夷大将軍の地位にいた人が政治の実権を握っていましたが、後に執権という地位にいる人たちが政治の実権を握るようになります。


 それではまた問題を解いてみましょう。

<問題> 次にかかげる人物について、「古い→新しい」の順に並び替えなさい。

ア 後鳥羽上皇 イ 北条泰時 ウ 北条時宗 エ 源頼朝 


 今日は元寇について解説します。

Q1 元寇はどの国が日本に攻めてきたのかを答えなさい。
Q2 元寇は2度起こったが、それは何年のことか?また戦いの名前をそれぞれ答えなさい。
Q3 この時の鎌倉幕府の執権の名前を答えなさい。
Q4 この時の元の皇帝の名前を答えなさい。
Q5 元・高麗連合軍はどのような戦い方を特徴としていたのか。また日本はどのような戦い方を特徴としていたのかを答えなさい。
Q6 日本と元・高麗連合軍との戦いはどちらが勝利したか。
Q7 元寇の後、日本ではどのような影響があったか?


 上記の問いに答えながら、元寇で押さえておくべき知識をまとめてみましょう。





 

↑このページのトップヘ