今日は復習の問題が1問、資料を見てまとめる問題が2問です。復習で何をすべきかは、解答・解説でお知らせします。


<問い>
  1. 「衆議院の優越」の項目の中にあった「予算案の審議」及び「条約締結の承認」についての手続きの流れを簡単に説明しなさい。
  2. 内閣総理大臣の権限について、下の参考条文を使ってまとめなさい。
  3. 内閣の権限について、下の参考条文など(参考条文以外にもあります)を使ってまとめなさい。

<参考条文>
第六十八条
  1. 内閣総理大臣は、国務大臣を任命する。但し、その過半数は、国会議員の中から選ばれなければならない。 
  2. 内閣総理大臣は、任意に国務大臣を罷免することができる。
第七十二条
 内閣総理大臣は、内閣を代表して議案を国会に提出し、一般国務及び外交関係について国会に報告し、並びに行政各部を指揮監督する。 

第七十三条  内閣は、他の一般行政事務の外、左の事務を行ふ。
  1. 号 法律を誠実に執行し、国務を総理すること。
  2. 号 外交関係を処理すること。
  3. 号 条約を締結すること。但し、事前に、時宜によつては事後に、国会の承認を経ることを必要とする。
  4. 号 法律の定める基準に従ひ、官吏に関する事務を掌理すること。
  5. 号 予算を作成して国会に提出すること。
  6. 号 この憲法及び法律の規定を実施するために、政令を制定すること。但し、政令には、特にその法律の委任がある場合を除いては、罰則を設けることができない。
  7. 号 大赦、特赦、減刑、刑の執行の免除及び復権を決定すること。
第七十四条
 法律及び政令には、すべて主任の国務大臣が署名し、内閣総理大臣が連署することを必要とする。 

第七十五条
 国務大臣は、その在任中、内閣総理大臣の同意がなければ、訴追されない。但し、これがため、訴追の権利は、害されない。