中学生のための社会科講座

高校入試対策や中学校の定期試験対策をしながら、社会で起こる様々な問題をいっしょに考えましょう。また、もう一度学びなおしたい高校生、大学生または社会人の方にも楽しんでいただける内容です。


タグ:予算案の作成

<問い>
  1. 予算案はだれが提出することができるか。
  2. 予算案が国会に提出されたとき、参議院から審議を開始することはできるか。
  3. 利害関係者や学識経験者などから意見を聴くことが必要とされた場合に開かれる公聴会は予算の審議を行う場合に開かなくてもよい場合があるか。





 

<問い>
第六十条
  1. 予算は、さきに( )に提出しなければならない。
  2. 予算について、参議院で衆議院と異なつた議決をした場合に、法律の定めるところにより、( )を開いても意見が一致しないとき、又は参議院が、衆議院の可決した予算を受け取つた後、国会休会中の期間を除いて( )以内に、議決しないときは、衆議院の議決を国会の議決とする。 






 

 憲法条文シリーズは、試験でよく出そうな日本国憲法の条文を解説するシリーズです。

 まずは問いに答えて、それから解説を読みます。さらに、発展的な内容については<発展>という項目で解説を試みます。社会科が苦手だなと思う人は<解説>まで。得意だという人は<発展>まで読んでみてください。

 復習は、条文を音読し、間違えた場合は正解を覚えましょう。空欄のまま条文が読めるようになれば合格です。


<問い>
第六十条
  1. 予算は、さきに( )に提出しなければならない。
  2. 予算について、参議院で衆議院と異なつた議決をした場合に、法律の定めるところにより、( )を開いても意見が一致しないとき、又は参議院が、衆議院の可決した予算を受け取つた後、国会休会中の期間を除いて( )以内に、議決しないときは、衆議院の議決を国会の議決とする。 






 

↑このページのトップヘ