今回は縄文時代についての勉強をしていきます。やっぱり最初は歴史の流れの確認です。

era

 旧石器時代は寒い時代でしたが、地球全体が温かくなり、大陸と日本列島は分離し、日本列島にいた大型動物は次第に中小動物へと変わっていきました。

 温暖になり、食べられる植物を育てるようになり、人間が使う道具も変化を見せるようになります。


 さて、ここから一問一答をやってみましょう。

<問題>
  1. 世界最古の土器と言われ、表面に縄目の文様が付いた土器の名前を答えなさい。
  2. 日本において前問の土器が使われていた約1万6000年前から紀元前4世紀頃までの約1万数千年の間を、一般的に何時代と呼ぶか答えなさい。
  3. 海岸や水辺に、貝殻(かいがら)などの食べ物の残りかすを捨てた場所を何と呼ぶか。
  4. 地面を掘って床を作り、柱を立てて草ぶきの屋根をかけた当時の住居は何と呼ばれているか。
  5. 今から約5500年前に青森県で定住集落(ていじゅうしゅうらく)の跡が見つかった。この遺跡を何というか。
  6. 表面を磨いて作られた石器を何というか。
  7. 土器や前問の石器を使い、農耕(のうこう)や牧畜(ぼくちく)が始まった時代のことを一般的に何時代と呼んでいるか。
  8. 紀元前500年頃(縄文時代後期)に現在日本最古の水稲耕作が行われていたことが分かる遺跡(いせき)が佐賀県で発見された。この遺跡の名前を答えなさい。